演題募集

応募資格

一般演題の筆頭演者(発表者)は、日本自殺予防学会の正会員の方に限ります。原則として一人の筆頭演者につき、発表は一演題とさせていただきます。共同演者としての登録は何題でもかまいません。
非正会員の方は、演題申込みと同時(同日中)に学会の入会手続きを行ってください。入会方法については、下記学会ホームページ内の「入会案内」をご参照いただき、入会申込書を学会事務局まで郵送かFAXにてお送りください。入会に関する詳細については、日本自殺予防学会事務局にお問い合わせください。
医療・保健・福祉関連業務従事者の方など幅広い領域からの演題登録を歓迎します。

日本自殺予防学会事務局
〒162-0801 東京都新宿区山吹町358-5 アカデミーセンター
(株)国際文献社内
TEL 03-6824-9376
FAX 03-5227-8631
http://www.jasp.gr.jp/
E-mail:jasp-post@bunken.co.jp

一般演題(ポスター発表を含む)募集期間

【演題募集期間】2019年3月1日(金)~ 2019年5月31日(金)正午(予定)

申込方法

一般演題(ポスター発表を含む)登録はE-mailによるお申込みのみとします。登録に際し、本ページの注意点をご一読の上、下記より演題申込書ファイル、抄録ひな形ファイルをダウンロードし、抄録とともに下記アドレスまでお送りください。

演題申込書をダウンロード抄録様式をダウンロード

送付方法
①演題申込書
②抄録をE-mailにて、jaspnagoya2019@gmail.comまでお送りください。
E-mailにて送信できない場合には「大会事務局」にご連絡ください。メール件名
メール件名「演題応募:○○ ○○」(○○は氏名)と記載してください。

カテゴリ
演題申込書に、研究のカテゴリーを記載してください。

1 ハイリスク・グループ 9 世代ごとの自殺問題
2 自殺予防のための介入 10 ポストベンション
3 自殺の精神生物学 11 心理学的剖検
4 自殺の実態・疫学 12 自殺の手段
5 自殺対策施策 13 病院内での自殺予防
6 国・地域の自殺対策 14 学校における自殺予防
7 自殺とメディア 15 自殺予防の法と倫理
8 自殺と文化・宗教・社会 16 その他

メール本文
メール本文には、「演題名」「発表者名とふりがな」を記載してください。

受領通知
受領しましたら、大会事務局よりE-mailにてご連絡します。2週間を過ぎてもE-mailが届かない場合は、左記「大会事務局」 にご連絡ください。

申込締切
申込締切2019年5月31日(金)正午

抄録書式

作成ソフト
作成ソフトMicrosoft Wordでの作成をお願いします。
※Windows, Macintosh共に可能です。抄録ファイル保存の際、Macintoshご使用の方は、”.doc”または”.docx” と必ず拡張子をつけてください。
【ファイル名例】抄録 名古屋太郎.doc文字

フォント・サイズ
本文のフォントは、和文MS明朝/英字Century、文字サイズは、10.5ポイント(Macintoshの場合は10ポイント)としてください。その他、タイトル、発表者名、所属等の記載については、抄録サンプルをご参照ください。

文字数
文字数は、演題名:日本語全角換算 70文字以内、抄録:日本語全角換算 1,200文字以内でお願いします。

その他
その他抄録集への掲載の都合上、抄録のレイアウトの調整や誤字・脱字等の修正をさせていただくことがありますので、予めご了承ください。

一般演題(ポスター発表を含む)の採否

一般演題の採否につきましては、本大会のプログラム委員会にご一任ください。演題の採否通知については、6月末(予定)までに、演題申込書の連絡先メールアドレス宛てに送信します。
また今後、上記内容に変更が生じた場合は、ホームページでご案内しますので、定期的に更新内容のご確認をお願いします。

発表形式

発表形式は口頭発表とポスター発表があります。発表形式につきましては、演題申込書に記載された発表者の希望を重視しますが、演題数によっては変更をお願いする場合があります。最終的な決定は、プログラム委員会にご一任ください。
なお、発表日時はプログラム委員会が決定します。時間指定でお申込みいただくことはできません。決定後、演題申込書の連絡先メールアドレス宛てにご連絡します。

発表にあたっての倫理性への配慮

演題登録においては、医学研究の倫理的側面について十分にご配慮いただきますようお願いします。世界医師会によるヘルシンキ宣言(その改訂版を含む)および日本精神神経学会の「臨床における倫理綱領」(1997年5月30日、精神神経学雑誌;99,525-531,1997)等に記載された倫理規約に則り、発表にあたっては十分なインフォームド・コンセントを得て、プライバシーに関する守秘義務を遵守し、匿名性の保持に十分な配慮をしたことを抄録に明記してください。倫理的配慮及びCOI(利益相反)について 発表の際は、 倫理的配慮およびCOI(利益相反)に関して明記してください。 COIに関するご案内は、日本精神神経学会ホームページにてご確認ください。 なお、発表の際の明記方法につきましては、以下の様式をご参照ください。ポスター発表の 場合は、ポスターの最後にCOIに関するシートを提示するか、COIに関する文面をポスター に記載してください。

様式2(開示情報がある場合サンプル)

日本自殺予防学会利益相反(COI)開示
筆頭発表者名 〇〇 〇〇
演題発表に関連し開示すべきCOI関係にある企業など
受託研究・共同研究費:〇〇製薬
奨学寄付金 : 〇〇製薬
寄付金講座所属 :あり(〇〇製薬)

様式2(開示情報がない場合サンプル)

日本自殺予防学会利益相反(COI)開示
筆頭発表者名 〇〇 〇〇
演題発表に関連し開示すべきCOI関係にある企業などはありません

個人情報保護について

本学会の演題登録の際にお預かりしました「氏名」、「連絡先」は、大会事務局からのお問い合わせや採否・発表日時の通知に利用します。また、「氏名」、「所属」、「演題名」、「抄録本文」は、プログラム・抄録集及びホームページに掲載することを目的として利用します。他の目的には使用しません。